TP-Link Archer AX20でマンションの遅いWi-Fiを高速に!

リッチー

どうも!リッチーです!

マンションでWi-Fiを利用する場合、回線自体が遅くてイライラすることって結構ありませんか?

サトシ

家で過ごす時間が増えてるのにWi-Fiが不安定だと嫌だなぁ

ゲームやネットサーフィンなど、基本的にはWi-Fiがないとかなり不便。

どんなに使用可能なデータ量が多くても、Wi-Fiがないとかなり不便なのは間違いありません。

特に、僕のようにオンラインゲームをよくする人にとってはWi-Fiは不可欠。

Wi-Fiが不安定だと、ゲームのダウンロードにもかなりの時間を要します。

とはいえ、マンションだから工事もできない…

サトシ

マンションだと工事もできないしな…

リッチー

大丈夫!
工事不要でWi-Fiの速度を上げる方法を紹介するよ!

この記事でわかること
  • Wi-Fiの速度を上げるために
  • 工事不要の方法
  • おすすめWi-Fiルーター
ふむふむ
目次

Wi-Fiの速度が遅いと思ったら

Wi-Fiが遅いと思った場合、改善には大まかには下のような方法があります。

Wi-Fiが遅いと思ったら…
  • プロバイダ、回線事業者を変える
  • ルーターを変える
  • ルーターの接続台数を減らす
  • ルーターの周波数帯を変える
  • ルーターの位置を変える

そもそもWi-Fiの速度を改善しようとした時に考えられる対処法は上記の通り。

しかし、今回考えるのは工事不要でWi-Fiの速度を上げる方法。

そう考えた時、対処法はかなり絞られてくることでしょう。

最も簡単かつ手っ取り早い方法は、ルーターを変えるという方法になります。

今回は、それに加え、合わせて3つの方法を紹介したいと思います。

リッチー

その方法がこちら!

・工事不要のWi-Fiを設置する
ルーターの周波数帯を変える
ルーターを変える

それぞれについてみていこう!

工事不要のWi-Fiを設置する

マンションに住んでいる人にとって工事が必要なWi-Fiの設置はかなりハードルが高いことでしょう。

そんな時は、工事不要のWi-Fiを設置するのをおすすめします。

有名なものとして、CMなどでもよく紹介されるがあげられるでしょう。

回線の切り替えは、Wi-Fiルーターを新調するより最も効果的な方法と言えるかもしれません。

しかし、月々の通信料を払わなければならないなどのデメリットも存在します。

お金に余裕があり、なおかつ工事不要でWi-Fiの速度を根本的に解決したい人はぜひお試しくださいね。

>>>>>>>>への登録はこちらから!

ルーターの周波数帯を変える

Wi-Fiルーターには2つの周波数帯があります。

2.4GHz帯」と「5GHz帯」です。

それぞれの特徴は以下の通りです。

2.4GHz帯
5GHz帯
  • Wi-Fiの速度が遅い
  • 障害物があっても遠くまで電波が届く
  • Wi-Fiの速度が速い
  • 障害物があると電波が届きにくい

イメージとしては、Wi-Fiの速度が速いほど電波が届く範囲が限られるといった感じ。

5GHz帯の場合は電波が届きにくいというデメリットもあるものの、一人暮らしのような狭い部屋では全く問題なし。

広い家ではルーターの近くで作業することでこのデメリットを克服することができます。

5GHz帯と2.4GHz帯の両方に対応しているルーターであれば、この周波数帯の切り替えによりWi-Fiの速さの改善を行うことができます。

どちらの周波数帯にも対応している場合は、周波数帯を5GHz帯にしてみてください。

ルーターを変える

周波数帯を変えることができないルーターも存在します。
すなわち、2.4GHz帯しか備わっていない場合です。

マンションから支給されたルーターは、比較的安価なものであったため2.4GHz帯しか備わっていませんでした。

このような場合には、ルーターを新調するしかありません。

マンションのWi-Fiが遅くて悩んでいる人は、一度ルーターの買い替えを検討してみてください。
ルーターを変えるだけで、かなり快適にWi-Fiを使用することができるようになりますよ。

TP-LINK Archer AX20

TP-Link Archer AX20

では、今回僕が実際に購入したルーターを紹介していこうと思います。

そのルーターこそが、こちらの商品です。

マンションのワンルームの場合には、ややオーバースペックのように感じるかもしれません。

しかし、僕の場合はゲーム(PS4、Switch)やiPadなど接続台数も多いこともありこのルーターにしました。
また、ゲームをする際にはWi-Fiのスピードが非常に重要となってくるので、ここは妥協せずにこの商品を購入しました。

性能

では、このルーターの性能をみていきましょう。

TP-LINK Archer AX20
  • 次世代Wi-Fi規格 Wi-Fi6対応
  • 1201 Mbps(5GHz) + 574 Mbps(2.4GHz)
  • 複数端末の同時接続でも速度が落ちにくい
  • 4本の高性能アンテナにより広い範囲に電波が届く
  • ビームフォーミング

次世代のWi-Fi規格であるWi-Fi6に対応したこのモデル。

さらにビームフォーミングにも対応し、4本の高性能アンテナにより部屋の広い範囲にWi-Fiの電波を届けることができます。

そして、専用のアプリも用意されているため、接続や使用状況のチェックが非常に簡単。

どのデバイスが何台接続されているかもチェック可能で、優先するデバイスを設定することも可能です。

気になるお値段は7000円ほどです。
少し高く感じるかもしれませんが、性能を考えるとかなりコスパの良いルーターです。

の購入はこちら/

実際に使用してみた感想

Wi-Fi 速度
サトシ

実際に使ってみてどうだったの?

リッチー

実際にどんな感じかみていこう!

では、実際にどれほどスピードを変わるのか検証していきたいと思います。

今回比較するのは、以前使っていたWi-Fiルーターで、「IO-DATA WN-B300R3」というもの。

このルーターの周波数帯は2.4GHz帯のみで、300Mbpsと新しいルーターより性能が劣っているのは数値からも明らか。

これに加え、実際にどれほどWi-Fiの速度が変化したのかを、インターネット回線の速度テストを行うサイトを使って計測しました。

その結果がこちら。

右の計測結果が今回紹介したになります。

サトシ

これはすごい!
明らかに結果が違うね!

比較の結果からもわかるとおり、段違いのWi-Fi速度

全くストレスなくWi-Fiを使うことができます。

一部の方は繋がりにくい場合もあるようですが(*)、僕の場合は全く問題なく使用できています。
*Amazonのレビューより

設定自体も簡単なので、あまり詳しくない人でもすぐに使用できると思います。

これらの性能を踏まえると、7000円という値段は決して高くないように感じました。

特に、ゲームをするなどWi-Fiの速さが気になる人にとってはこれ以上ないルーターと言っても良いかもしれません!

とにかくWi-Fiの速さを重視する人にとってはこれ以上ないWi-Fiルーターと言えるでしょう。

妥協しないほうがいい理由

Wi-Fi

Wi-Fiルーターの購入を検討している方に言いたいことがあります。

それが、「絶対に妥協するべきではない」ということ。

実は今回のWi-Fiルーターを購入する前にも、Wi-Fiルーターを購入したことがあります。
その時は、値段を気にするあまりかなり性能の悪いものを購入してしまいました。

その結果、その当時使っていたWi-Fiルーターと同程度かそれ以下の速度しか出ずに結局使用するのをやめてしまいました。

僕はよくPS4でゲームをするのですが、基本的にはFPSと呼ばれるオンライン対戦を行うゲームを行います。
そのため、Wi-Fiの速度が遅いとゲームのプレイに支障がでてくることがよくあります。

実際、以前のWi-Fiではたびたびゲームプレイでストレスを感じることがありました。

それもあり、今回は少しオーバースペックとも思えるWi-Fiの購入を決心。
以前妥協してしまった経験を踏まえて今回のルーターの購入に至りました。

Wi-Fiルーターの購入の際には、用途や接続台数を考慮し、妥協することなくWi-Fiルーターを選ぶことを強くおすすめします

迷ったらTP-Link Archer AX20を購入すべし!

Wi-Fi

今回は、マンションでWi-Fiの速度を早くする方法を紹介しました。

最も手っ取り早い方法かつ確実とかんがえられる方法が、より性能の良いWi-Fiルーターに変えること。

その際には、値段や性能面で妥協しないようにしましょう。
妥協することでルーターの買い直しなどかえってお金がかかってしまうこともあります。

僕は一度失敗しているので皆さんは気をつけてくださいね!

\今回紹介したWi-Fiルーターはこちらから/

リッチー

最後まで読んでいただきありがとうございました!
公式LINE、Twitter、Instagramのフォローもよろしく!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる